Google Analyticsで使う用語を簡単にまとめた

Google Analytics

アクセス解析をこまめにするようになってくると、用語を覚えていないと、意味だけではなく、改善の施策も立てられないので今一度確認のために箇条書きしてみました。

まだ勉強中の方や僕のように忘れがちな方は使ってください。

ユーザー

ユーザー

Webサイトを閲覧しているブラウザの数です。

つまりタブをいくつ開こうが同じブラウザであればユーザーカウントは1となります。

同じブラウザと言っても判断材料はCookieなのでシークレット(プライベート)モードにしておくと別ユーザー扱いになります。

セッション

ページビューと混同されがちですが、基本概念はユーザーと同じで30以内のアクセスであればどのようにページを回遊してもセッションカウントは1となります。

30分を超えてから再アクセスをすると、前回のセッションは切れているので、ユーザーとして既にカウントされていたとしても、セッションは新規で1加わります。

新規とリピーター

「新規ユーザー」という表記も「新規」と同じ認識で大丈夫です。

新規とリピーターの判断材料は「トラッキングコードを設置して計測を開始してから」となるので、計測を続けている限り、今日表示された新規ユーザーは、以降リピーター数に加算されていきます。

行動

平均セッション継続時間

言葉の通りでサイトに入ってからのユーザーの回遊時間の平均値になりますが、ここで気をつけなければならないのが、ユーザーが閲覧している時間はリアルタイムで記録されていないということです。

どこで記録されるかというと、次のページ(自分のサイト内のどこかのページ)にアクセスした時です。

つまり、何かを検索してそこから記事を閲覧し、満足したのでまた検索結果に戻る、ということをすると、セッション継続時間は0になります。

Analyticsでは週間比較などすると、マイナスになりがちなので、悪いように捉えがちですが、必ずしも悪い結果というわけではありません。

直帰率

一度自分のサイトに訪問して、その後別のページ(自分のサイト外)にいった率です。

Googleさん曰く

1 ページのみのセッション数をすべてのセッション数で割った値のことです

とのことですね。

雑記ブログなどでSEOに強い記事を生成していると高くなる傾向にあります。

こちらも低いからといって必ずしも悪い結果というわけではないので分析が必要になります。

ページビュー(PV)数

ユーザが自分のページのどこかにアクセスすると単純加算されていくわかりやすい数です。

何も条件を設定していなければどんなユーザーであってもセッションであっても自分のサイト内であれば1PVになります。

お問い合わせページだと、入力フォーム、確認フォーム、送信完了画面があったとしたら、一回のお問合わせで3PVになります。

よく月間100万PV!!というのを見かける人ならわかりやすいと思いますが、それがまさにこれですね。決して毎月100万人が閲覧しているわけではありません。

ページ/セッション

言葉のとおりですが、文章でいうと「一度の訪問あたり何ページ閲覧されているか」です。

セッションなので一人のユーザーではなく、一度の訪問とあえてしているところに注意です。

ユーザあたりのセッション数

言葉のとおりなので、説明は端折りますが、こちらの数値は高いに越したことはありませんので、向上を目指しましょう。

最後に

単語だけ見ると直感的にわかった気がするものもありますが、大事なのは公式よりも「用語をどのような意味として定めているか」です。

例えばセッションは30分アクセスしなければ、新規セッションとしてカウントされますし、ユーザーはCookieによって同一かどうかを見分けているなど、定義をしっかり認識しておくことで、分析に幅も利くようになります。

何か補足などあればまた加筆しようと思います。